山登りと音楽と木工と

エベレスト山頂を攻略する人って、どういう人達なのだろう、なんて事を私は時折考えます。

 

きっと、山が好きな人なんだろうな。

山が好きで、山登りが好きで、山に登る自分が好きで。

 

いや、そうとも限らないかな。

 

別に山が好きじゃなくても、山登りは出来るのかな。

 

下戸な飲み屋主人もいるし、自分は一切お洒落しないファッションデザイナーだっているらしいし。

 

山が好きじゃなくっても。
山なんか本当は登りたくないと思ってても。
嫌々山登りする自分を心底軽蔑していたとしても。

 

なにか他の理由があれば、山は登れるのかも知れないな、とも思ったり、思わなかったり。

 

 

コロナ以降木工から離れてしまっているからか、どうしても、何を考えても、合唱音楽に入れ込んでいた頃の事に結びついてしまう。
これは、あまり良くない兆候。

でも、まぁ、いいか。

 

合唱を辞める間際の頃、私が愛してやまなかったのは、小さな小さな楽曲たちでした。

ヨーロッパに伝わる1000年くらい前の歌とか、その手法を模したエチュードとかね。
それこそ、8小節とか16小節とか、せいぜいA4サイズ1枚程度に収まってしまうような、小さな曲。

 

それらがもう、愛おしくて愛おしくて。

 

小節の事を英語ではcell(細胞)って呼ぶらしいけど、その細胞のひとつひとつが、本当に生き物として蠢いていて、生きようとしていて、生かして欲しい、音として、譜面から空間に放出されたがっていて。

 

そんな細胞の声を聴きとる作業が、本当に好きでした。

 

今私が木工、特に杉田豊久氏の提唱する『ノコギリ木工』に魅了されているのも、ひょっとしたら同じ性癖(と言って良いと思います)から来るのかも知れません。

 

どんなに立派で壮麗な家具も、建築物も、もっと言えば街全体だって、分解していけば、小さな小さなパーツの集まりな訳で。

 

意外な程少ない材料数種類と、これまた数種類に過ぎない組み上げ方があるだけ。

 

それでいて、その材料の選び方と組み上げ方の妙、その多彩さたるや。

 

どこかのアッセンブリは、さらに小さなパーツを組み上げた「全体」でありながら、より上位の機関からみたらやはり「部分」に過ぎなくて。

 

しかも、それら「部分」と「全体」の繋がりはとても有機的で、互いに強く関与し合っていて。

 

生き物の細胞-組織-器官-個体の関係と、例えば一本の箪笥における各部パーツ-アッセンブリ-組み上げた製品のありようって、本当に似てるなぁと私は感じます。

そしてそれらはまた、音楽における単音-モティーフ-フレーズ-楽節-楽章の有機的ヒエラルキーとも。

 

かつて私が小さな音楽を愛したように、今、私は、ひとつのボゾを丁寧に丁寧に切り出す事に、無上の喜びを感じています。

 

そして、それらを組み上げ、ひとつの作品にする事を。

 

その作品のある生活を楽しむ事を。

 

ボゾを切り出す作業は、私にとって、完成品を手に入れる為に支払うコストではありません。

ボゾ切り作業自体が、目的です。
楽しくて仕方ありません。

その楽しみの結果として、完成品が出来上がってしまうだけです。

 

それはちょうど、ただただ歩く事が気持ち良くて楽しくて、気がついたら随分遠いところまできちゃったなぁ、というのと、おんなじ感じです。

 

それを思えば。

 

エベレスト山頂に到達できる人って、やっぱり山が好きな人に違いない。

 

もしそうでなければ。

 

好きでもないのに、何か他のモチベーションだけで臨むには、エベレストは険し過ぎる。

 

あまりに険し過ぎる。

 

山を愛していない人を愛する程、きっと山は優しくない。

 

苦労を乗り越えて、とか、そんなんじゃなくて。

 

その苦労がしたくて、苦労が愛しくて、苦労を苦労とも思わない程の人しか、きっとエベレスト山頂には立てない。

 

そしてそんな人達は、山頂に向かう千里の道の、その一歩目から、もう楽しくて楽しくて、好きで好きで堪らない人達なのだと思う。

 

 

そろそろ、少し大きめの作品に挑みたくなってきたな。

 

 

 

コメント